陰毛はカミソリで剃ってもいいの?

陰毛を処理する方法として、カミソリで剃る方法を思い浮かべる人は多いと思います。一気に処理できて、剃った直後はツルツルになるので快適かもしれません。

しかし、陰毛をカミソリで処理するのはこのような危険性があります。

肌にダメージが残る危険性が高い

陰毛をカミソリで剃る一番の問題点は、肌にダメージが残る危険性が高いことです。

例えば、カミソリ負けをして肌が荒れる、乾燥してかゆくなる、色素沈着する、菌が侵入して炎症を起こす、埋没毛(埋もれ毛)ができてしまう、毛嚢炎(もうのうえん)になる、などです。

カミソリ負けをして肌が荒れる

カミソリ負けとは、カミソリで毛を剃った後の肌に起こる炎症のことです。

カミソリで剃ることで、肌に細かい傷がたくさんついてしまうため、かゆい、ヒリヒリする、痛い、赤くなる、赤いブツブツができる、などの症状が起こります。

傷から菌が侵入してしまうのも原因です。

乾燥してかゆくなる

カミソリで剃った後の肌は、傷ついて乾燥しやすい状態です。肌が乾燥していることが原因でかゆみが出ることも。デリケートゾーンの肌は敏感なので、カミソリはとても刺激が強いのです。

色素沈着する

カミソリで肌に傷がついたり、肌が乾燥すると、肌を守るためにメラニン色素が過剰に生成されます。これが黒ずみの原因。

カミソリでの処理を続ければ続けるほど、色素沈着は治りにくくなります。

埋没毛(埋もれ毛)、毛嚢炎(もうのうえん)

埋没毛(まいぼつもう)とは、埋もれ毛とも言い、毛が皮膚表面に出られず、皮膚の中に埋もれてしまっている状態です。カミソリで皮膚が傷ついてかさぶたができることで毛穴が塞がり、毛が外に出られなくなってしまうのです。

自然に治ることもありますが、炎症を起こして毛嚢炎(もうのうえん)になってしまうこともあります。

出血してしまうこともある

陰毛はムダ毛の中でも毛が太いので剃りにくく、カミソリで肌を切ってしまい、出血してしまうこともあります。

チクチクしてしまう

カミソリで剃った直後は、ツルツルの仕上がりに満足するかもしれません。しかし、剃った毛が伸びてきた時に、チクチクしてしまうのがカミソリ処理の難点。

例えると、男性の顔のヒゲが伸びてきた時の状態です。毛がツンツン立ってしまい、ショーツから突き出てしまうこともあります。

まとめ

カミソリでの陰毛処理は、肌への負担が大きいことがわかりました。

カミソリで陰毛を剃るのは、クリニックやエステでの脱毛前や、家庭用脱毛器を使う前の事前処理だけにしておきましょう。

カミソリでの事前処理方法は、T字カミソリと電気シェーバーを使った陰毛の剃り方ページをご覧ください。

【こちらの記事もおすすめ】
カミソリの代わりになる陰毛の自己処理方法とは?
陰毛の自己処理方法7種類まとめ