はじめに 「そもそも女性の陰毛は処理するべきなの?」

女性の陰毛は処理するべきなのでしょうか。自然のままではダメなのでしょうか。友達や恋人、家族にもなかなか相談できない陰毛の処理問題。ちょっと考えてみましょう。

日本で女性の陰毛処理が広まった理由

一昔前までは、陰毛を処理するのは水着を着る時くらい、という女性が多かったかもしれません。水着からはみ出てしまう部分を処理する程度に。それが今では、ハイジニーナ脱毛(全てツルツル)をする女性も珍しくなくなってきました。

そのきっかけと言われているのが、日本でも大人気となったアメリカのドラマ「SEX and the CITY(セックス・アンド・ザ・シティ)」。ドラマの中で、陰毛のワックス脱毛(ブラジリアンワックス)シーンがあり、これがきっかけで日本でも女性の陰毛処理が広まったとされています。

現在では、クリニックやエステでもVIO脱毛(陰毛の脱毛)が当たり前に行われていて、施術を受ける女性もかなり増えています。

また、自宅で脱毛できるワックス脱毛(ブラジリアンワックス)や、短くカットするためのヒートカッター、陰毛専用トリートメントなど、お手入れ商品も増え、処理方法の選択肢も広がっています。

女性の陰毛は処理するべきなの?

全く処理していない状態が、ボーボー・ボサボサの場合は、まず見た目の問題として、「多少はお手入れしたほうがいい」というのが世の中の風潮です。女性の身だしなみとして、陰毛をお手入れするのが当たり前になりつつあるように感じます。

陰毛の処理と言っても、少し整える程度~完全に無毛状態(ハイジニーナ脱毛)まで様々な段階があります。男性の意見(好み)も様々なので、いきなり大胆に処理するのは控えたほうが良いでしょう。

衛生面としては、陰毛を処理することによって、デリケートゾーンに汚れが残りにくくなり、清潔に保てます。また、通気性が良くなって蒸れにくくなり、不快な臭いを抑えるというメリットがあります。この衛生面のメリットを受けるために、陰毛を処理する女性も多いようです。

結論

「そもそも女性の陰毛は処理するべきなの?」の答えは、

「最低限は処理したほうが良い」

というのが私の考えです。こう考える理由は、私自身が陰毛を処理したことによって、快適な気持ちになれたからです。

最低限というのは、下着からはみ出る部分を処理する、専用トリートメントで毛を柔らかくする、程度のお手入れです。

もちろん処理しないのが悪いわけではありません。

お手入れをするかしないかは、もちろん自分で決めていいのです。したければする、したくなければしない。それでいいのです。

このサイトでは、陰毛を処理するメリットやデメリット、様々な処理方法、自宅でのお手入れ方法、クリニック・エステでの脱毛などについて、私(女性)の体験談も交えながら解説しています。

読んでみて、処理したいと思ったらチャレンジしてみて、面倒だし必要ないと思えば、やらなければいいだけです。あなたにとっての答えが見つかれば幸いです。くれぐれも、自分で処理する場合は、肌を守るために、正しい方法で慎重に行ってください。

陰毛を処理するべきかどうか迷っている方、陰毛処理を全くやったことがない方、自己流の処理でトラブルを起こしてしまった方、永久脱毛をするかどうか迷っている方などに、参考になりますように。

【こちらの記事もおすすめ】
女性が陰毛を処理するメリット4つ
女性が陰毛を処理するデメリット4つ