家庭用脱毛器なら、陰毛のレーザー脱毛が自宅でできる

「クリニックやエステに通うのは面倒」

「家の近所に陰毛脱毛できる店舗がない」

「クリニックやエステより安く脱毛したい」

こんな方にぴったりなのが、家庭用脱毛器。

家庭用脱毛器は、肌に照射すると、ムダ毛に含まれる黒い色素に作用する仕組み。数週間~数ヶ月ごと、定期的に使用すると、ムダ毛が生えにくくなります。

陰毛をきれいに処理できる

陰毛をカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりすると、肌荒れしてしまったり、炎症を起こしたりしてしまいます。

家庭用脱毛器は、使う前にはカミソリで剃る必要がありますが、陰毛の他の自己処理方法と比べると、

  • 肌に与えるダメージが少ない
  • 生えてくる毛がだんだん細く柔らかくなる
  • お手入れを続けるほど、毛が生えにくくなる

などのメリットがあります。

特に、「毛が生えにくくなる」というのは嬉しいメリット。

陰毛の自己処理方法の中で、毛が生えにくくなる効果があるのは、家庭用脱毛器だけです。

このページでは、脱毛効果が高いレーザー脱毛が自宅でできる、トリア・パーソナルレーザー脱毛器の特徴やメリット・デメリット、光脱毛器との違いなどを紹介します。

自宅でレーザー脱毛ができる

トリア・パーソナルレーザー脱毛器は、自宅でレーザー脱毛ができる家庭用脱毛器です。家庭でも安全に使用できるように設計されています。

脱毛したい部分に照射すると、毛に含まれる黒いメラニン色素に作用し、自然に毛が抜け落ちる仕組みです。

使用する頻度

毛は生えかわるサイクル(毛周期)があり、皮膚の表面に見えている毛が全てではありません。そのため、定期的に照射する必要があります。

最初の3ヶ月は2週間に1回、それ以降は1ヶ月に1回程度の頻度で使用します。個人差はありますが、3ヶ月くらい経つと、効果を感じる人が多いようです。

使い続けるほど、脱毛効果を実感できます。

レーザー脱毛器と光脱毛器(フラッシュ脱毛器)の違い

レーザー脱毛器光脱毛器
脱毛効果高いまあまあ
痛み強め普通
照射面積狭い広い
消耗品不要必要

トリア・パーソナルレーザー脱毛器のメリットとデメリット

メリット

  • 自宅で好きな時にお手入れできる
  • クリニックの医療レーザー脱毛と比べて、費用が安い。
  • 光脱毛器(フラッシュ脱毛器)と比べて、脱毛効果が高い。
  • 鼻より下のほぼ全身に使用することができる(使用できない箇所もあり)。

デメリット

  • デリケートゾーンは痛みを感じる場合が多い。
  • Iライン(女性器の両側)とOライン(肛門の周り)は使用できない(使用する場合は自己責任)。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器の使い方

1.シャワーを浴びて、カミソリで陰毛を剃る

あらかじめシャワーを浴びて清潔にし、陰毛の脱毛したい部分をカミソリで剃ります。カミソリでの剃り方は、T字カミソリと電気シェーバーを使った陰毛の剃り方ページをご覧ください。

フェリエのような電気シェーバーだけで剃ってもOKです。

体の水分はタオルで拭き取っておきます。

2.出力レベルを設定する

トリア・パーソナルレーザー脱毛器の出力レベルを選択します。最初は、一番低いレベルから始めてください。

3.照射する

脱毛したい場所に照射していきます。音が鳴ったら照射する場所をずらして再び照射する、という流れです。

4.保湿する

照射した部分の肌に、「トリア・スージングジェル」などを塗って保湿します。

最後に

  • 自宅で好きな時に陰毛処理をしたい
  • 高い脱毛効果を求めている
  • クリニックより安くレーザー脱毛したい

こんな方に、トリア・パーソナルレーザー脱毛器はおすすめです。

クリニックより低コストで、陰毛をレーザー脱毛しちゃいましょう。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器