陰毛を永久脱毛するメリット5つとデメリット3つ

陰毛のお手入れ、面倒ですよね。いっそのこと永久脱毛しよう!でも後悔しないかな?など、陰毛を永久脱毛しようかどうか迷っている女性のために、メリット5つとデメリット3つをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

陰毛を永久脱毛するメリット

お手入れ不要になる

陰毛を永久脱毛する一番のメリットは、自己処理が不要になることです。陰毛はすぐ伸びてきてしまうので、お手入れの頻度も高め。面倒ですよね。

さらに、自己処理を続けていると、やっぱり肌に負担がかかって、肌荒れしたり、色素沈着を起こしてしまうことも。手軽だからとカミソリ処理を続けていると、あとで後悔します。

Vライン(体の前面)の前の毛は残すことにしても、Vラインの両側やIライン(女性器の両側)、Oライン(肛門の周り)は完全に無毛にして良い場所。医療レーザー脱毛で永久脱毛してしまえば、面倒なお手入れから解放されます。

デリケートゾーンを清潔に保てる

陰毛を永久脱毛してしまえば、IラインやOラインの陰毛が原因で蒸れたりかぶれたりしなくなります。

毛がないすべすべの状態だと、尿や便、おりもの、生理時の経血などが残りにくくなり、清潔に保つことができます。

デリケートゾーンの臭いを抑えることができる

IラインとOラインを永久脱毛すると、常に毛がない状態なので、蒸れにくくなります。そのため、蒸れが原因の陰部の臭いが軽減。

さらに、毛がないと尿やおりものなどの汚れがたまらないので、それが原因の臭いも抑えることができます。

見た目がきれい

毛が毛根からなくなるので、毛穴も目立たず、ツルツルなきれいな肌に。伸びかけのチクチクやジョリジョリ状態もなくなります。

自己処理だと、常にツルツル状態にしておくのはどうしても難しいのが現状です。永久脱毛が完了すれば、カミソリを使う必要もなくなるので、肌を傷つける心配もなし。清潔で肌トラブルもないきれいな肌をキープできます。

いつでもスタンバイOK

永久脱毛をして陰毛の状態を整えておけば、いつでもスタンバイOK状態。例えば、彼氏とのデート前、海やプールに行く前などに慌てて陰毛の処理をする必要がありません。Tバックなどの小さめの下着も堂々と履きこなせます。

陰毛を永久脱毛するデメリット

レーザー脱毛の施術時は痛い

医療レーザー脱毛の施術時は、敏感なデリケートゾーンにレーザーを照射するので、痛みはあります。私の場合は、VIOの中でIラインが一番痛かったです。

でも、レーザー脱毛に通うのは2ヶ月に1回、施術時間も1回20分程度だったので、そんなに苦ではありませんでした。

だけどある時、ふと思い立って、予約時間の30分前くらいにイブA錠を飲んでみたのです。頭痛や生理痛に効く市販の鎮痛剤です。痛みを感じにくい状態にしておけば、痛みが和らぐのではないかと思って。そしていつも通り施術を受けたら、いつもより痛くなかったんです。劇的に痛みが和らぐわけではありませんが、いつもより痛くなかった。

おすすめできる方法ではありませんが、思い出したので書いてみました。

遊び人だと思われる可能性もある

陰毛の処理はだいぶ一般的になりましたが、陰毛未処理の女性としか接したことがない男性の場合、陰毛をきれいに処理している女性を見て、「遊び人なのかな?」と勘違いされる可能性もあります。

男性にとって、女性の陰部がきれいなのは良いことだと思いますが、念のため、可能性としてはあると思い、デメリットに挙げました。

温泉で恥ずかしいと感じる人もいる

永久脱毛でハイジニーナ脱毛(陰毛を全て脱毛)にしたり、Vラインを変わったデザインにした場合に限りますが、温泉やスパ施設で人の目が気になってしまう人もいるようです。

確かに、社員旅行や家族旅行、友達同士での旅行など、知っている人同士だと、脱衣所でついつい見てしまうかも。

でも、温泉の大浴場に行って、他の人の陰部を見ますか?私は見た記憶がありません。というか、見たくないです。陰部よりも胸のほうが目に入ります。それでもあまり人の体を見ませんね。

人の視線が気になってしまう方は、陰毛を永久脱毛する場合、Vラインは無難な逆三角形型にしておくのが良いでしょう。IラインとOラインはツルツルにしても人から見えないので大丈夫です。

永久脱毛でハイジニーナにして後悔してしまった時の対処法

永久脱毛で陰毛をハイジニーナ脱毛したけど、やっぱり温泉で人の視線が気になるという方は、陰毛専用ヘアコンタクトを使うという手もあります。

ヴィーナスヴェールという商品は、見た目がすごく自然な陰毛専用コンタクト。つまり、陰部用のウィッグです。水やボディソープでもはがれないので、一時的に陰毛を復活させたい時に使えます。

最後に

私は医療レーザー脱毛で陰毛を永久脱毛して、メリットしか感じていません。ハイジニーナのツルツルですが、恥ずかしいと思えないのです。むしろ、モジャモジャだったりボーボーだったりするほうが恥ずかしいという価値観です。

さらに、面倒くさがり屋なので、こまめに自己処理するのは合っていない性格。お手入れ不要できれいな状態を維持するために、永久脱毛がぴったりでした。

Vラインは自分でお手入れするとしても、IラインとOラインは永久脱毛して損することは一切ないと思います。

ぜひ、お手入れ不要のすべすべ美肌を手に入れてください。

【こちらの記事もおすすめ】レーザー脱毛vs光脱毛!陰毛脱毛に向いているのはどっち?