Vライン(体の前面、ビキニライン)の陰毛処理方法

Vラインとは、陰毛が生えている部分のうち、体の前面の部分。おへその下ですね。ビキニラインとも言います。

自分で見える部分なので、自己処理もしやすい場所です。

でも、

  • とりあえず、どうしたらいいのかわからない
  • カミソリで剃ったら、チクチクするし、かゆい
  • 剛毛で手がつけられない

と悩む女性も多いはず。

だからといって、Vラインの陰毛がもじゃもじゃのままだと、

  • 下着を脱いだら、寝ぐせ状態・・・
  • 彼氏ががっかりする・・・
  • 蒸れて、肌がかぶれる・・・

など、テンションだだ下がり状態が続いちゃうかも。

Vラインをちょっとお手入れするだけでも、

  • ハミ毛を気にせず、いつでもセクシーな下着が履ける!
  • 男性ウケが良い!
  • すっきり清潔で快適!

といいこと尽くし。

ただ、カミソリで剃るのと、毛抜きで抜くのは、肌を痛めるのでおすすめしません。

このページでは、自分でできる簡単なお手入れ方法から、プロに任せる本格的な方法まで紹介します。

Vラインの陰毛をどうしたいのか、方向性を決める

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_m

Vラインをお手入れしたいと思ったら、まずどうしたいのかを決める必要があります。

短くしたいのか、はみ出す部分だけ処理したいのか、量を減らしたいのか、ツルツルにしたいのか、などVラインは処理する形も色々。

目指す方向性を5つ挙げるので、参考にしてみてください。

毛を柔らかくする

Vラインの陰毛を残す場合、つまり、ハイジニーナ以外の場合は、毛を柔らかくするお手入れをすると、女性らしいフワフワの陰毛になります。

方法は簡単。入浴時に専用トリートメントを陰毛になじませて、洗い流すだけです。ほんのひと手間ですが、剛毛な人ほど効果を実感できると思います。

毛をカットしたり脱毛したりするのが面倒な方でも、トリートメントだけはやっておくと良いでしょう。

アンダーヘア専用トリートメント 『シナヤカウォッシュ』

毛の長さを短くカットする

長い陰毛を短くカットするだけでも、すっきりと清潔感のある印象になります。

下着や水着の範囲に収まっているけど、毛先がはみ出してしまう、という場合は、短くカットするだけで大丈夫です。

また、毛をカットすることで毛の量が減り、デリケートゾーンが蒸れにくくなるのもメリット。肌のかぶれやかゆみ、臭いを軽減できます。

ハサミで切るとチクチクしてしまうので、アンダーヘア専用ヒートカッターでカットしましょう。

アンダーヘア専用ヒートカッター『Vライントリマー』

両サイドの毛を処理する

下着や水着からはみ出してしまう両サイドの毛、いわゆるビキニラインを処理するのはVラインのお手入れの基本です。

小さめの下着や水着を着る際、はみ出してしまう部分の陰毛は、きれいに処理する必要があります。

方法は、除毛クリームで除毛する、ワックス脱毛する、家庭用脱毛器で脱毛する、クリニックやエステで脱毛する、など色々。処理方法は後述します。

毛の量を減らす

全体的に毛の量を減らすこともできます。減毛処理中は、数回全体を剃る必要があるのが難点ですが、ボーボーだけど無毛にはしたくない場合に有効な方法です。

毛の量を減らす場合は、クリニックやエステ、家庭用脱毛器でVライン全体に何回か照射し、何割かの毛を脱毛します。太いゴワゴワの毛が減り、毛質が細くて柔らかくなってくるのもメリットです。

ツルツル無毛のハイジニーナにする

VIO全ての陰毛を処理するハイジニーナにする女性が増えています(私もそうです)。すっきり爽快で清潔なので、色々陰毛処理をしてみて、ハイジニーナに行き着く女性が多いのでしょう。

医療レーザー脱毛で永久脱毛すれば、ツルツルできれいな状態をキープできます。自己処理でハイジニーナにする場合は、ブラジリアンワックス脱毛が一番適しています。ただ、慣れるまでは難しいのと、お手入れし続ける必要があるので、ハイジニーナにするなら医療レーザー脱毛がおすすめです。

【医療脱毛専門】アリシアクリニック♪お支払い2ヶ月0円!

Vラインの陰毛処理方法

e7e556fee28f6057e65d4f1a6d1b0717_m

「Vラインをどうしたいのか」が決まったら、具体的な処理方法を選びます。もちろんいくつかの方法を組み合わせてもOK。6つ紹介します。

専用トリートメントで毛を柔らかくする

一番手軽な処理方法です。

入浴時に陰毛専用トリートメントでお手入れするだけ。剛毛でゴワゴワより、やっぱりフワフワのほうが自分のテンションも上がりますよね。ちょっとしたことですが、女性らしさが表れると思います。

陰毛のお手入れ初心者の方には、ヒートカッターとトリートメントがセットになった、アンダーヘアケアはじめてセットがおすすめです。

【自宅でできるアンダーヘア簡単ケア】アンダーヘアケアはじめてセット

ヒートカッターで毛をカットする

肌を痛めずにお手入れできる方法が、毛をカットする方法です。

長い陰毛をカットするだけでも、かなりすっきりした印象になります。最初は、長めの長さにカットしてみて、徐々に自分に合う長さを見つけるのがポイント。

ただ、ハサミで切ると、毛の断面が鋭くなって、チクチクする原因に。

ヒートカッターは熱で毛をカットするので、毛の断面が丸くなり、チクチクしにくいのがメリットです。

ヒートカッターで短く切った後に専用トリートメントでお手入れすると、毛が柔らかくなって、よりチクチクしにくくなります。アンダーヘアケアはじめてセットは、ヒートカッターとトリートメントがセットになっているので、これだけで陰毛のお手入れを始めることができます。

【自宅でできるアンダーヘア簡単ケア】アンダーヘアケアはじめてセット

除毛クリームで除毛する

Vラインに使用できる除毛クリーム(脱毛クリーム)で除毛する方法です。

普通の除毛クリームは陰毛に使用できませんが、商品説明に「ビキニライン」や「デリケートゾーン」に使用できる、と書いてあればVラインの陰毛処理に使用することができます。

ただ、除毛クリームは毛を溶かすほど強い作用の薬剤なので、肌が弱い人にはあまりおすすめできません。使う場合は、必ずパッチテストをして、肌に異常がない場合のみ使用してください。

脱毛したい部分の毛が長い場合は、ハサミかヒートカッターで短くカットしてから、除毛クリームを塗ります。

除毛クリームは広範囲を一気に処理できるので、肌に合う場合は、時短できる処理方法です。

ディー・レジーナ・エピ・プレミアムは、Vラインに使える除毛クリームです。

ディー・レジーナ・エピ・プレミアム

ブラジリアンワックスで脱毛する

トロンとした水あめのようなワックスを肌に塗り、シートをかぶせて一気に剥がして脱毛するブラジリアンワックス脱毛。

デリケートゾーンに使用すると痛みが強い場合がありますが、毛を毛根から取り除く「脱毛」なので、見た目がきれいなのがメリットです。

陰毛の脱毛に使う場合は、日本製で安全な素材で作られているワックスを選ぶことが大切。初めての場合はコツをつかむまで、腕や足などで練習してから、VIO脱毛にチャレンジするのがおすすめです。

VIO脱毛に使えるワックスは、アンジェリカ ブラジリアンワックスが人気です。

アンジェリカ ブラジリアンワックス

家庭用脱毛器で脱毛する

レーザー脱毛や光脱毛が自宅でできる家庭用脱毛器で脱毛する方法です。

脱毛したい部分に照射すると、毛根にダメージを与えて、脱毛される仕組み。

照射前に脱毛したい部分を剃る必要がありますが、お手入れを続ければ続けるほど、毛が生えにくくなるのがメリット。

クリニックやエステに通うのが難しいけど、きれいに脱毛したい方におすすめです。トリア・パーソナルレーザー脱毛器はVラインにも使用することができるレーザー脱毛器です。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器

クリニックやエステで脱毛する

クリニックやエステの脱毛は、見た目重視の方や、もう自己処理をしたくない方におすすめです。

特に、クリニックで受けられる医療レーザー脱毛は永久脱毛なので、5~10回程度通うだけで、その後はお手入れ不要になります。

Vラインの両側(ビキニライン)の脱毛や、Vライン全体の減耗処理、もちろんハイジニーナ脱毛もすることができます。

自己処理と比べて、ツルツルすべすべの肌になるので、見た目を大切にする女性におすすめです。

【医療脱毛専門】アリシアクリニック♪お支払い2ヶ月0円!

最後に

Vラインの陰毛処理の方向性と処理方法でした。初めての方は、焦らず少しずつ、自分好みの陰毛を見つけてみてください。

一番簡単なのは、専用トリートメントでお手入れする方法。数分でお手入れ完了なので、忙しい女性にもおすすめです。

ぜひチャレンジしてみて、フワフワの女性らしさを手に入れてください。

【自宅でできるアンダーヘア簡単ケア】アンダーヘアケアはじめてセット