剛毛な陰毛を自己処理で柔らかくする方法3つ

  • 剛毛だから見た目が女性らしくない
  • 友達と比べて、私の陰毛はゴワゴワしてる気がする
  • 剛毛なのがコンプレックスで、彼氏との関係が進まない

など、剛毛な陰毛が原因で悩んでしまう女性は多いと思います。

でもそのままにしておくと、

  • 陰毛がゴワゴワだから、下着がもっこりする・・・
  • 毛が太くて、カットするのが大変・・・
  • 下着を脱ぐのが恥ずかしい・・・

など、一生の悩みになってしまうかも。

今から剛毛対策をすれば、

  • 陰毛がふわふわになって、下着にすっきり収まる!
  • お手入れが楽になる!
  • 彼氏の前で自信が持てる!

など、女性として自信がつきます。

自己処理方法に限定して、剛毛な陰毛を柔らかくする方法を3つ紹介します。

剛毛な陰毛を自己処理で柔らかくする方法3つ

陰毛専用トリートメントでお手入れする

一番簡単で手っ取り早いのが、陰毛専用トリートメントでお手入れする方法です。

髪の毛のトリートメントと同じように、体を洗った後、陰毛にトリートメントをなじませて、洗い流すだけ。

毎日使用することで、ゴワゴワの陰毛がふわふわで女性らしい手触りになっていきます。

使用するトリートメントは、デリケートゾーンに使用するので、髪の毛用のトリートメントだと肌に刺激を感じてしまうことがあります。陰毛専用のものを使用しましょう。

アンダーヘア専用トリートメント 『シナヤカウォッシュ』

抑毛クリームを塗る

抑毛クリームとは、字の通り、毛が生えてくるのを抑制する化粧品です。

毛の成長を抑制するので、生えてくる毛の毛質が細く柔らかくなってきます。

抑毛クリームは、塗る部分の毛をあらかじめ処理する必要がありますが、陰毛のボリュームも抑えたい方に適しています。本来の毛質を変えることができるのがメリットです。

ヘアーリデューシングクリーム

家庭用脱毛器でお手入れする

レーザー脱毛や光脱毛ができる家庭用脱毛器は、ツルツルに脱毛できるだけではありません。毛の量を減らしてボリュームダウンさせたり、毛質を細く柔らかくするために使うこともできます。

レーザー脱毛や光脱毛は、肌に照射して毛根にダメージを与えて、脱毛する方法。1回照射しただけで、全ての毛が脱毛できるわけではありません。

その理由は、陰毛も含めて、毛は肌表面に見えている毛だけが全てではないからです。肌表面に出てきていない、眠っている毛もたくさんあるのです。

そのため、レーザー脱毛や光脱毛をする際は、毛が生えかわる周期に合わせて、複数回肌に照射していきます。

剛毛な陰毛の毛質を柔らかく変えたい場合は、一度Vライン全体の陰毛を剃り、家庭用脱毛器を照射します。これを2週間~1ヶ月おきに繰り返すことで、細く柔らかい毛が生えてくるようになります。

除毛クリームよりも、毛根へのダメージが大きいので、より早く効果を期待できます。

家庭用脱毛器は基本的にIライン(女性器の両側)とOライン(肛門の周り)には使用しないほうがいいので、VIO全ての陰毛の毛質を変えたい場合は、クリニックやエステの脱毛に通う必要があります。

自己処理でVライン(体の前面)の毛質を根本的に変えたり、ビキニラインをきれいに脱毛をしたい場合は、家庭用脱毛器が適しています。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器

まとめ

剛毛な陰毛を自己処理で柔らかくする方法を3つ紹介しました。

おさらいすると、

  • 手軽で簡単なお手入れ方法がいいなら、陰毛専用トリートメント
  • 本来の毛質を変えたいなら、抑毛クリーム
  • より早く本来の毛質を変えたいなら、家庭用脱毛器

となります。

ぜひ、フワフワで柔らかいアンダーヘアを手に入れてください。

【自宅でできるアンダーヘア簡単ケア】アンダーヘアケアはじめてセット