女性が陰毛を処理するデメリット4つ

女性が陰毛を処理するメリットは大きいですが、もちろんデメリットもあります。

このページでは、女性が陰毛を処理するデメリットを4つ紹介します。

陰毛を処理したことがない方や、永久脱毛をするかどうか迷っているという方。ぜひ参考にしてみてください。

女性が陰毛を処理するデメリット4つ

間違った自己処理を続けると、肌にダメージが残る

カミソリで頻繁に剃ったり、毛抜きで毛を抜いてしまうなど、肌に負担がかかる自己処理を続けると、肌にダメージが残ります。

具体的には、肌が荒れる・炎症を起こす、肌が黒ずむ、埋没毛(埋もれ毛)ができてしまう、鳥肌のようにブツブツした肌になる、などです。

「私は肌が丈夫だから」という過信は禁物。

後悔しないためにも、陰毛は正しい処理方法でお手入れしましょう。

こまめにお手入れする必要がある

陰毛を自分で処理する場合、腕や脚のムダ毛処理と同様、こまめにお手入れする必要があります。

もちろん処理せずに放置してもいいのですが、一度処理してすっきりした状態を知ってしまうと、処理していない状態だと気になってしまうのです。

気にならない方は、必要な時だけお手入れすれば大丈夫です。

陰毛の処理も慣れればそんなに面倒だとは感じなくなりますが、忙しくて時間がないけどきれいに処理しておきたいという方は、永久脱毛も検討してみると良いと思います。

温泉やスパで恥ずかしい場合もある

少し整える程度なら目立ちませんが、ハイジニーナ脱毛(全てツルツル)やVラインを変わったデザインにした場合は、温泉やスパで人の視線を感じるかもしれません。

私は全く気にしませんが、陰毛を処理するというのは、高齢女性にはあまりなじみがない習慣かもしれません。

人の視線が気になる方は、大胆に処理するのは控えておきましょう。

彼氏・恋人に遊んでいる女だと思われる可能性がある

これは、お手入れの程度やパートナーの考え方によります。

ハイジニーナ脱毛(全てツルツル)も女性の間で一般的になってきましたが、まだ日本人男性の考え方が時代に追いついていない可能性も。

今パートナーがいる女性で、今まで全く処理してなかったのに、いきなりツルツルにする、というのは浮気を疑われる可能性があります。

陰毛の処理をする前に、パートナーに相談してみるといいかもしれません。

私の個人的な意見としては、自分がやりたいようにやればいい、付き合う相手に媚びる必要はない、と思いますが、相手の性格やタイミングを考慮して、無用なトラブルは避けましょう。

まとめ

女性が陰毛を処理するデメリットを4つ挙げてみました。

もちろん、考え方は人それぞれなので、自分でよく考えて決めてください。

永久脱毛じゃなければ、毛なので生えて(伸びて)きますので、慎重になりすぎる必要はありません。

メリットも合わせて読んでみてください。

【こちらの記事もおすすめ】女性が陰毛を処理するメリット4つ